インドに966本の植樹をしました!

インドの畑で背景が山 VEJRHOJ

VEJRHØJは3ヶ月ごとに、植樹活動を行うNGO、One Tree Plantedに寄付を行い、世界中に木を植えるお手伝いをしています。今回の寄付では、インドに966本の木を植えることができました。

2022年の7月から9月分として今回は、インドへの寄付を決定しました。インドには世界の動植物の約8%が生息しており、世界17の「メガダイバース」国のひとつとして認定されています。また、インドの森林は動植物のみならず、2億7,500万人近くの人々の生活も支えています。インドの持続可能な樹木の栽培と、それを使用した農業を行うことで、多くの人々に木がもたらす住みやすい環境と、農業からの経済的な恩恵をもたらします。つまり、インドの森林のサポートを行うことで、永続的で意義深い効果を与えることができるのです。

2022年7月1日~9月30日に、VEJRHØJのウェブショップでお買い物をされた方々からの売上より、今回の寄付金を集めました。皆様のご協力とご支援に感謝致します。 ありがとうございました。

One Tree Plantedは、インドでの植林活動を複数の地域に必要に応じて分散して行います。

・まずインド全土の流域、山腹、海岸線を回復するために植樹を行います。
現地の農家と一緒に植林を行い、持続可能なアグロフォレストリー(森林農業)を実現します。

・コミュニティや土地所有者に、適切な植林技術、持続可能な収穫、リサイクルと廃棄物管理の重要性、土地や植物の保護など、持続可能な林業の実践方法を指導します。これにより、地域の人々の雇用と機会が創出されます。

・さらに在来種のマングローブを植えることで、海岸線を浸食から守ります。マングローブは、熱帯・亜熱帯の生態系に不可欠なもので、陸上の生態系に比べて最大10倍もの炭素を蓄えることができる、環境改善にはもってこいの植物です。

    インド SDGs 環境保護 マングローブ 自然環境